HOME>アーカイブ>人間を安心で快適に病気にさせない住まいとは

快適で心地よい健康な住まいの実態と評判

男女

住まいにおいて肉体的にも心理的にもストレスがなく、心地よく快適に生活できることが理想です。しかし建築資材や接着剤に用いられる成分やホルムアルデヒドなどによってアレルギー反応を起こす人もいます。また段差が多く、手すりがないことから転倒して大けがを負うことも珍しくありません。住まいはどこでも安全で安心のようですが、住まいが人間に害をもたらすこともあります。こうした健康被害を及ぼさず、快適で安心した生活を送ることができる住まいを健康住宅と言います。床材を自然の無垢材や漆喰などにすることで、アレルギー反応を予防することができます。家屋の外壁などに断熱材をめぐらすことでもヒートショックという健康被害を抑止することが可能です。断熱材の効果で断熱性に優れ、夏はひんやりと冬は温かいと好評です。

健康を実現してくれる建材の特徴

男女

健康住宅に用いられるのは、断熱材だけではありません。窓にトリプル樹皮サッシや二重窓などを用いるのも良いと言えます。ガラス部分を何層にもすることで、冬に結露ができにくい住まいにすることができます。すると湿度変化を一定に保つことができるほか、カビなどの発生抑制にもつながります。アレルギーや喘息の持病がある人はこうしたサッシにするのも良いと言えるでしょう。最近では24時間換気の健康住宅もよく見られます。たばこや料理などの臭いをきれいに廃棄してくれ、睡眠などを快適にしてくれる特徴があります。

他にもまだある健康を実現する建材

一軒家

誰でもが住まいは安心で安全な場所であってほしいと考えています。しかし家がその人の健康を害することがあります。家が人間の健康をサポートする健康住宅であるためには、断熱材を外壁にめぐらすのもよいです。ヒートショックを抑止する事かが期待できます。また夏にはひんやり、冬には温かい住まいを可能にします。断熱材の他、自然の無垢材、トリプルサッシ、24時間換気なども健康住宅を実現するものです。アレルギーや喘息の持病のある人はこうした建材を取り入れるとよいでしょう。

広告募集中